古いシミ・変色したシミは直るのか?

毎日お電話やメールなどで必ずと言っていいほどいただくご質問に、「古い(何十年も前の)シミ・変色したシミでも直りますか?」というのがあります。 確かに、変色してしまったシミが落ちるのかどうか、ご存じない方が多いと思いますので、当然の疑問だと思います。

では、シミについて染み抜き職人の立場から少しお話させていただきます。

まず、シミは大きく分けて二つに分かれます。一つは、単に何かが付いてシミになっているだけの状態。この状態のシミは、ほとんどの場合、生地を傷めたりすることなく落とせます。(ただし、インクや墨汁などが大量に付着した場合、落ちきらないことがあります。)

もう一つは、シミが付いてから長い時間が経ち、生地や染色した色を変色させてしまっている状態です。この状態のシミは、前述の付いただけのシミよりも難易度が格段に上がります。 難易度が高いことからでしょうか?他店でご相談された際に、古いシミや変色したシミは「直らない」と断られてしまうことが非常に多いようです。

では、古かったり変色してしまったシミは直らないのでしょうか?

いえ、決してそんなことはないのです! 確かに、変色したシミを落とすことはそんなに簡単なことではありません。ですが、シミによって生地が弱っているようなことがなければ、お着物の色合いなどにもよりますが、実は現状よりも改善出来る場合がほとんどなのです。

ではなぜ、多くのお店では直らないと言われて断られてしまうのでしょうか? それは、「単に変色を修正する技術がない」か、「古いシミや変色したシミの染み抜き・染色補正は、非常に手間がかかって割に合わないので、断った方が楽だから」です。前者は、ある意味親切なお店だと言えます。自社の技術力を客観的に捉えて、他店を選ぶという選択肢をお客さんに提案しているからです。 後者はどうでしょう?他店を選ぶという選択肢をお客さん自らが選ぶことが出来れば、それでも良いのかもしれませんが、多くの方は、プロに直らないと言われてしまったら、諦めてしまうのではないかと思います。そういう点で、ボクは後者の業者さんは罪深いと思います。

経営的に考えれば、手間のかからない仕事を数多く仕上げた方が、売上を簡単に上げることが出来ると思います。私も経営者ですから、その考え自体を非難するつもりはありません。 ですが、私のような職人の仕事とは、「ご依頼者のお着物を、自己の技術と信念の全てをもって手間を惜しまず限りなく綺麗にさせていただき、ご満足いただいて報酬を頂戴する」ということが本質なのです。ですから、私は、効率が良いとはいえない難しいお品物も、出来る限りお断りせずに承っております。

もちろん、私も魔法使いではありませんので、ご依頼に対してどうしてもご期待に添えない場合もございます。ですが、切実な想いでご相談された方を門前払いするようなことは決していたしません。

もう一度申します。「古いシミ・変色したシミは、ほとんどの場合は現状よりも改善出来るのです!」

大切なお着物のシミで困っておられるときは、まずはご相談くださいませ。 ご納得されるまで、お話させていただきます。

 

今回の事例は、絞りのお振り袖の変色したシミの染み抜きと染色補正です。

20140607165529117

このような絞りのお着物のシミは、他店さんで断られてしまうことが多いのですが、全体的なシミなどで無い限りは、なんとかなる場合の方が多いです。

20140607165529231

諦めてはイケマセン( ー`дー´)キリッ

 

さて、さる7月4日は、ボクの45回目の誕生日でした。とうとうアラフィフになってしまいした(ノ∀`)

その日はボクの一番の好物である奥さんお手製の唐揚げをお腹いっぱい食べて、用意してもらったバースデーケーキを家族3人で美味しくいただきました(上に乗っていたイチゴは娘に全て食べられてしまいましたがw)

20140705115144783

 

ここまで来れたことを、愛する家族と多くの仲間やお世話になった方に、より一層の感謝をした一日でもありました(^^)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク