着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと栗田裕史の染色補正師日誌

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュ日誌。たまに毒も吐きます。麻呂とも呼ばれてます。

着物クリーニング・染み抜き 着物クリーニング事例

お振袖のかなり濃く変色したシミの染み抜きと染色補正

投稿日:

毎度言っておりますが、シミは濃ければ濃いほど染み抜きを行っても残りやすくなります。

また、シミが濃いということはそれだけ生地にダメージを与えているという場合も多く、染み抜き作業自体が難しい場合もあります。

12592533_1042443102495171_1463703165255257059_n

このように、かなり濃いシミの場合、見た目だけではなく、生地の内部においても劣化が起きている可能性があるので、染み抜き作業を慎重に進めていく必要があります。

12963781_1042443122495169_5960485163062199246_n

今回は生地の劣化はなかったので、かなり見栄え良く直すことが出来ました。

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)

-着物クリーニング・染み抜き, 着物クリーニング事例

執筆者:

関連記事

着物にたっぷりかかったジュースのシミの染み抜き

披露宴などの宴席でお着物を着られる場合、お食事がつきものですので、どうしても食べこぼしや飲みこぼしでお着物が汚れてしまう確率が高くなってしまいますね。 今回の着物クリーニング事例は、披露宴で隣に座って …

着物のクリーニング(丸洗い)だけでは、汗は落とせません

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 夏本番も間近に迫ったこの時期になると、着物のお手入れのご相談時に、「汗をかいてしまったので、丸洗い(クリーニング) …

お宮参り・七五三のお着物のお手入れについて

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 毎年、夏辺りから増えるご相談に、七五三用のお着物のお手入れのご相談があります。また、お宮参りのお着物も、何故かこの …

夏の着物は、洗える着物一択

先日、友達(と呼んでいいよね?)の結婚披露パーティーにご招待いただきまして、喜び勇んで参加してまいりました。 着物関係なので、ドレスコードはもちろん着物ということで、暑い中、頑張って一張羅の着物と羽織 …

プロのための?染み抜き解説事例

5歳の娘がいるんですが、先日とうとう補助輪を外した自転車を自分で漕いで乗ることが出来ました。 乗れるようになる前日まで怖がって支えないと乗れなかったのに、いきなり乗れるようになって、今では何十分も止ま …