着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと栗田裕史の染色補正師日誌

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュ日誌。たまに毒も吐きます。麻呂とも呼ばれてます。

着物お手入れの話 着物クリーニング・染み抜き 職人

着物のお手入れは、セカンドオピニオンが出来るんです!

投稿日:

着物をどこかのお店(呉服屋さん・悉皆屋さん・クリーニング屋さんなど)にクリーニングやお手入れに出した際に「このシミは落ちません・直りません」と言われてしまった経験をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

実際、変色したシミはシミの濃さ・生地の劣化具合・元色の色合いなどの複合的な要因によって、染み抜きを行ってもあまり綺麗に直すことが出来ないということがあります。

ただ、ボク自身の二十年余りのシミ抜き職人としての経験から申し上げますと、全く手の施しようのないシミというのは、滅多にないのも事実なんですよね。

職人って、まぁ他の業種の方もそうだと思うんですけど、得手不得手みたいなものがどうしてもあります。

例えば、ボクは古いシミや変色したシミを直すのを得意としていますが、反面、新しく作った着物の染めの工程での難(染料飛びや色ムラなど)に関しては、ボクよりも得手とされている同業者の方がたくさんいらっしゃいます。

でも、商い上は「これは出来ますが、コレはあまりしたくないです」みたいなことは言えませんし、そこはプロですから、求められることはお金をいただけるレベルで出来ます。というか、出来なければプロではありません。

それでも、やはり得手不得手はどうしてもありますので、自分の手に負えなくても、知り合いにそのトラブルを得手としている人がいれば、その人を紹介したりします。

それが本当の意味での「お客様第一主義」みたいなものだと思います。

最初のお店で断られても、違うお店で直せることも多い

「これは自分の手に負えない」と思ったら、直せる可能性のある他の職人さんにお願いしたり、お客さんにその人を紹介したりする。

ボクは自分の仕事に自信とプライドを持っているからこそ、ご依頼主の願いを叶えることを最優先に考え、必要であればそうしています。

でも、世のお手入れをする職人さんの中には、自分の手に負えない物を単に「直らない」と言って断って終わりにしてしまう方も少なくないようです。

しかしそれでは本当は直せる可能性もある物であっても、プロにそう断言されてしまっては、ご依頼主さんはそこで諦めてしまうかもしれません。

最悪の場合、想い入れのあるお品を捨ててしまうかもしれません。これは本当に悲しいことだと思います。

13087632_1059623037443844_4104347083122648052_n

例えばこのお子様用のお着物、他店さんで綺麗にならないと断られたそうです。

私が拝見させていただいたところ、確かに、新品のように直すことは困難ですが、ご着用出来る状態には直せると診断いたしました。

13095998_1059623020777179_8143268089881139682_n

どこかのお店で着物の染み抜きやお手入れを相談して「直らない」と言われた時、また新たなお店で一から相談することは面倒で気が重いかとは思いますが、何とかしてくれるお店に出会える可能性は意外と高かったりします。

着物のお手入れのセカンドオピニオンは可能です。 ぜひ憶えておいてください。

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)

-着物お手入れの話, 着物クリーニング・染み抜き, 職人

執筆者:

関連記事

着物の、小さいけれどかなり濃い変色シミの染み抜きと染色補正

着物の変色シミは、変色が濃くなっていることもよくあります。 黄ばみに変色したシミを「黄変(おうへん)」と呼ぶのですが、黄色を通り越して茶色になってしまっている場合も少なくありません。 今回の事例も、シ …

着物をクリーニングする頻度は?

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 着物のお手入れやクリーニングを承らさせて頂いた際に、必ずと言っていいほどご質問いただくことがあります。 それは、着 …

手間賃仕事を値切るということの意味

ボクの仕事は「染色補正」という職業なのですが、いわゆる「手間賃仕事」という部類の仕事になります。 手間賃の意味をWeb辞書なんかで調べると、「手間に対して支払われる賃金。手間。手間代。」と書いてありま …

着物にたっぷりかかったジュースのシミの染み抜き

披露宴などの宴席でお着物を着られる場合、お食事がつきものですので、どうしても食べこぼしや飲みこぼしでお着物が汚れてしまう確率が高くなってしまいますね。 今回の着物クリーニング事例は、披露宴で隣に座って …

アナタが気にするべきは、業界や同業者ではない

毒です。弱い方はお帰りください(笑) ボクは職人でして、他国がどうかは知りませんが、どうも我が国では、職人が目立ったり業界の慣習と違うことをすると、同業の人に陰口を叩かれたり、時にはSNSで匿名で粘着 …