*

栗田裕史について

 着物お手入れコンシェルジュ・染色補正師 栗田裕史 

染色補正師は、シミを落とすだけでは直らない、
変色・退色・脱色したお着物に高度な色修正を施すことによって、
限りなく元に近い状態に戻す、着物の修復のスペシャリストです。

1993年 神戸の高級洋菓子製造会社に入社。店長候補として百貨店の店舗に勤務し、カスタマーサービスのあり方を学ぶ。
1994年 京都で約三百年続く伝統の着物お手入れ技術職、
「染色補正師」の父の姿を見て育ち、幼い頃から漠然と抱いていた技術職への憧れが、一社会人として客観的に「染色補正」という仕事を見た時に、現実の生き方へと変化を遂げる。そして家業である染色補正業を継ぐ事を決心し、故郷の京都に戻り、染色補正師の父に師事。
修行開始当初は、なかなか思い通りの仕上がりにならず、「自分は本当は職人には向いてないのではないか?」と思い悩んだ事もあったが、日々の作業の中で以前は出来なかったことが出来るようになっていることに気付き、努力は裏切らないと確信する。以後、染み抜き・染色補正の技術を学びながら、独自の染み抜き修復加工の研究を続ける。

2007年 世の中には、クリーニングで落ちないシミや染み抜きを任せられるお店が無くて、困っている人が多くいる事を知る。『職人は、誰かに求められてこそ存在意義がある』と、常々考えていた事もあり、これまでは主に和装関連企業を取引先としてきたが、より多くの染み抜きで困っている人を救いたいという思いから、染み抜き・染色補正の専門店の立ち上げを決意。満を持して、染み抜きと染色補正専門店【なをし屋】を設立。

2008年 クリーニング・洗濯トラブルの大手お助けサイト 「衣類よ集まれ!」の、最も難しいといわれる分野「染色達人」に抜擢され、染み抜き王子こと福永真一氏の唯一の後継者として数々の衣類の難問を解決。

2009年 着物通(つう)に絶大な人気を誇る雑誌「七緒」にて、「着物お手入れの達人」として紹介される。

2010年 着物の雑誌「七緒」の別冊にて、特集記事を監修。また、同誌にて、頼れるお手入れのお店として紹介される。京都新聞夕刊の1面にて、Twitterでのお手入れ相談の記事が掲載される。

2011年 京都新聞経済面にて、現代の悉皆屋のコンセプト、悉皆.comが、新しいビジネスの形として紹介される。繊研新聞社「季刊きもの」秋号にて、新しいビジネススタイルとして、当店が紹介される。「七緒 Vol.27」 にて、頼れるお直しの店として紹介される。また、関連記事の監修を担当。朝日新聞朝刊にて、着物のお手入れを頼めるお店として紹介される。

2012年 名古屋にて開催された「第2回着物☆カーニバル」に出展。着物のクリーニングやお手入れの無料相談を行い、好評を得る。

2013年 クリーニングの業界紙「全ドラ新聞」にて、クリーニング店様のためのコラムの連載を開始。

着物のクリーニングには以前からこだわりと信念を持って携わってきたが、近年の価格の安い着物クリーニングの氾濫に対する疑念と、本物の着物クリーニングをもっと多くの着物を愛する方に知って欲しいという思いから、着物クリーニング本舗|京都【なをし屋】のサイト開設を決意。

誕生日が7月4日で、その日が「直しの日」というほとんど冗談のような運命の巡り合わせであったことをつい最近知る。

京都の小さなお店ですが、お客様からの感謝のお言葉を励みに,助けを求めて全国から届くご依頼品と日々格闘しています。

 栗田裕史 あいさつ

「【なをし屋】代表・染色補正師の栗田です。
私は職人ですが、皆さんは、職人に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?
頑固?怖そう?無愛想?(^_^;)
私は確かに頑固な部分はありますが、それは仕事に対してであって、
お客様に対してではありません。
そして、高級ホテルのようなサービスは出来ませんが、
真心と誠意で精一杯頑張っておりますので、
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

当店は、着物の街【京都】に約三百年伝わる染色補正の流派、
【幾久屋流】の伝統ある技を継承し、

最新の技術・設備・化学・理論を組み合わせた、独自の染み抜き技術を持つ、
着物クリーニング・染み抜き専門店です。

一般的なクリーニング店は、染み抜きの出来るお店が少ないのが現状で、変色したシミを直せるお店は、ほとんどありません。

お着物のシミが変色した部分を色かけによって元の色に戻す技術は、伝統の職人技「染色補正」がもっとも得意とする分野です。

大切なお着物のクリーニングや染み抜き、お手入れ全般のことなら、染色補正師が代表を務める当店におまかせください。

世の中に着物のクリーニングやお手入れを行うお店は数多くあります。ですが、多くのお店は取り次ぎだけで下請けに出しているか、受付と作業をする人が別で、作業をを行う職人に直接相談が出来ませんので、細かいご要望などが伝わりません。

当店は、ご相談のお伺いから検品テスト・お見積もり・染み抜き作業まで、同じ職人が一貫して行います。お客様のご要望はもちろん、お品物への想いや愛情まで、実際に作業を行う職人【染色補正師・栗田 裕史】が責任を持って承ります!

伝統と最新を融合させた、クオリティの高い【染み抜き京都職人】の技で、お客様の大切なお着物を救います。」

【なをし屋】代表・染色補正師 栗田 裕史
【国家認定・一級染色補正技能士】

【染み抜きしています】【専用の器械で洗浄しています】【乾燥させています】

▲ページの先頭へ

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)


公開日:

13087632_1059623037443844_4104347083122648052_n
着物のお手入れは、セカンドオピニオンが出来るんです!

着物をどこかのお店(呉服屋さん・悉皆屋さん・クリーニング屋さんなど)に

12592533_1042443102495171_1463703165255257059_n
お振袖のかなり濃く変色したシミの染み抜きと染色補正

毎度言っておりますが、シミは濃ければ濃いほど染み抜きを行っても残りやす

1794660_1026824720723676_8258675073495780695_n
着物の、小さいけれどかなり濃い変色シミの染み抜きと染色補正

着物の変色シミは、変色が濃くなっていることもよくあります。 黄ば

12801433_1015071545232327_7299064730790585451_n
着物にたっぷりかかったジュースのシミの染み抜き

披露宴などの宴席でお着物を着られる場合、お食事がつきものですので、どう

1914218_1011389005600581_3452509881485384300_n
着物にベッタリと付いた血液のシミの染み抜き

今まで、よくある着物クリーニング・染み抜き事例はあまりご紹介してこなか

→もっと見る

PAGE TOP ↑