着物を着た後は・・

着物を着てお出かけ・楽しんだ後は、大切な着物も休ませてあげましょう。

まず、着物を脱いだら、和服用のハンガーに着物を掛けて、
シワを軽く伸ばすように形を整えてあげましょう。
同じように、長襦袢・帯も出来れば別々のハンガーに掛けましょう。

ハンガーに掛けたら、風通しのよい部屋で半日から一日くらい、
陰干しをしてあげましょう。 (日が差す・直射日光が当たる場所は厳禁! 
たった半日でも、紫外線は着物の変色・退色を引き起こします)
風を通すことによって、着物の大敵である湿気を飛ばすことが出来ます。

陰干しが終わったら、全体を見て、シミ・汚れなどがないかチェックしましょう。
もし、シミ・汚れが見つかったら、早めに染み抜きの専門業者さんに染み抜きを依頼しましょう。
(自分でシミ・汚れを処理するのは、かなりの確率で余計酷くなったりするので、
止めておいた方が無難です)

特にシミ・汚れなどが見当たらなかったら、丁寧にたたんでタンスにしまいましょう。

着物の保管について

着物・長襦袢・帯は、多当紙(たとう紙)などに入れて保管します。

クリーニング上がりなどで、ビニール袋に入っているのを,
そのままの状態で保管される方がおられますが、これは絶対に止めてください。 
密閉された空間は、着物にとって最悪の環境です。 
着物は湿気を嫌い、風を好みます。

収納するタンスは、桐タンスが一番適しています。
桐タンスは、衣類(特に着物)の大敵である、「湿気」がこもりにくいという特性を持っており、
衣類を食い荒らす「虫」に対してもいくらかの防虫効果があるようです。

タンスには、出来れば防湿剤と防虫剤を入れましょう。 
これらの薬剤は、着物に直接触れないようにしてください。 
直接触れたまま長期間放っておくと、変色などの事故が起こることがあります。

虫干し・陰干しについて

着物は湿気に弱く、カビが発生しやすいものですので、年に1~2回(出来れば3回)、
「虫干し」をして新鮮な風に当ててあげましょう。 

虫干しには言葉の通り、陰干しすることによって、害虫を取り除く目的もあります。

虫干しの時期ですが、7~8月(土用干し)・10~11月(秋干し)・1~2月(寒干し)の三期あります。 
梅雨の湿気をとるための夏の土用干し、空気がよく乾燥している時期の秋干し、
最も乾燥している冬の寒干しと、それぞれにお手入れの意味があります。

虫干しの方法ですが、晴れた日が2日以上続く日を選び、午前10時~午後3時くらいの間、
日光が直接当たらず風通しの良い部屋で、
着物ハンガーや竿などに着物を裏返し(これが重要)にして掛けて陰干しします。

その際、ついでに多当紙(たとう紙)も干しましょう。 
変色・湿気臭いなどの状態になっていたら、思い切って交換してしまいましょう。

タンスも、引き出しを全部開けた状態にして、風を通しましょう。
防湿剤・防虫剤などは、この時交換しておけば良いと思います。

 
Copyright(c) 着物クリーニングのお悩みは|着物クリーニング本舗【なをし屋】 All Rights Reserved.