絽の着物の血液のシミのクリーニング

2018-05-27

着物に付いたシミには様々な種類がありますが、中でもクリーニングの難易度の高いシミの一つに、血液のシミがあります。

血液は人体の中の物ですので、様々な成分が含まれていて、その中のタンパク質、これがクリーニングにとってもっとも厄介な成分です。

何故厄介かと言うと、この血液中のタンパク質が凝固してしまうと、ちょっとやそっとじゃ落ちないシミになってしまいます。

もちろんクリーニングで落とす方法もあるにはあるんですが、一つのシミを落とすのにも非常に時間がかかるので、シミがたくさんあると現実問題としてクリーニングで落とすのが難しいということになります。

そして、このタンパク質に関連することとして、血液のシミが付いたら絶対にしてはいけないことがあります。

それは、「熱を加えること」

タンパク質は、熱を加えることによって固化しますので、アイロンをかけたり、あるいはクリーニング店さんにクリーニングに出してそこでアイロンによる仕上げをされてしまったりすると、落ちるはずのシミが落ちないシミになってしまうんですね。
絽 着物 血液 シミ クリーニング前

 

今回お預かりさせていただいたお着物の血液のシミも数は非常に多かったのですが、幸い凝固はしていなかったので、時間はかなりかかりましたが、無事落とすことが出来ました。

 

絽 着物 血液 シミ クリーニング後

 
Copyright(c) 着物クリーニングのお悩みは|着物クリーニング本舗 All Rights Reserved.