男児祝い着・お宮参り着物の変色シミのクリーニング

2018-05-28

お宮参りや七五三に使うお子様用のお着物、お祝い着ですが、着用が済むとそのまま何十年もしまったままというのは珍しいことではなく、祝い着の染み抜きをご依頼される方はよく「何十年ぶりに出してみたらこんなことに・・・」と仰る方が多いです。

特に多いのがカビによる変色・黄変シミのトラブルですが、年に一回でも風通しをしてあげるとカビはかなり防げますので、面倒だとは思うのですが、点検も兼ねてしまったままのお着物に風を通してあげていただきたいです。

 

祝い着 クリーニング前

 

今回のお子様用のお着物は、カビではありませんが、前回着用された際の食べこぼしもしくは飲みこぼしのシミが何十年か経った後に変色・黄変したシミになったものです。

このような色目のお着物の場合、染み抜きの際に色が抜けてしまうので、シミが大きければ大きいほど、修正跡に色ムラが残りやすくなります。

また、常にお伝えさせていただいているように、お子様用のお着物は基本的に生地が丈夫ではないので、染み抜きであまり無理が出来ないというのが前提にあります。

その辺りをお伝えさせていただいて、出来るだけ見栄え良くする仕上がりで承らさせていただきました。

 

祝い着 クリーニング後

 

ご着用には全く問題ないレベルに直せました。

 
Copyright(c) 着物クリーニングのお悩みは|着物クリーニング本舗 All Rights Reserved.