プロのための染み抜き事例・瞬間接着剤

突然ですが、瞬間接着剤の染み抜きって可能だと思われますか?

瞬間接着剤は、一度付いたら剥がれないように、大手メーカーさんが巨額の費用をかけて開発されてますので、簡単に取れちゃうと困るんですね(笑)

ですので、非常ーーーーーーーに、落すのが難しいシミではあります。

そんな瞬間接着剤ですが、全く落とせないわけではありません。

全てを落とせるとは申しませんが、地道な作業と努力で、何とかなる場合も多いのです。

てなわけで、ごく一部の方に好評のプロのための染み抜き事例、今回は、瞬間接着剤の染み抜きです!

20150416090308091

着物に瞬間接着剤がべったり付いてます。
正直なところ、着物に瞬間接着剤が付くというシチュエーションがよく分かりませんが・・(^_^;)

染み抜きのプロの間では、瞬間接着剤を落とすにはジメチル(正式名は知りませんw)という薬品を使うと指導されるようですが、このジメチルという薬品は、染料を溶かす作用もあるので、下手に使うと品物の地色を剥がしてしまうことがあるので、特に着物の場合は使うのに注意が必要となります。

そこで、私が使う薬品、

20150416090308239

アセトンです。

アセトンは、ジェルネイルを剥がすのに使ったりもするもので、比較的人体にも優しいそうです。

ただし・・・ 臭い!! 半端なく臭い!!!

何というか、刺激的な有機溶剤特有の臭いがします。長時間大量に使うと頭痛くなりますし、喉も痛くなります。
シロウトさんにはオススメ出来ない・・・

で、このアセトンの使い方ですが、絵皿に適量を満たします。

20150416090308396

こんな感じ。

そして、この染み抜き機械を使います。

20150416090308308

チャッチャラ~♫(ドラえもんが道具を出す効果音)

コレは、機械のノズルの先っぽが超音波振動を起こす機械で、その振動で汚れを繊維から掻き出して落とすというシロモノです。 名を、「ソノフラッシュ」とい言います(確か)

両手を使うので画像が撮れませんでしたが、瞬間接着剤のシミの部分をアセトンの入っている絵皿に漬けて、シミの上からソノフラッシュを的確な強さで押し付けながら、超音波振動で徐々に溶かしながら染み抜きしていきます。

ここで注意点。ソノフラッシュは水を出せるようになっているのですが、この染み抜きの際は、必ずツマミを調整して水が出ないようにしてください。
水が出る状態でこの染み抜きをすると、生地がスレてとんでもない事故が起きちゃいます(;・∀・)

一回では落ちないので、何度もアセトンを足しながら根気よく染み抜きしていくと・・・

20150416090308491

このように、だいたい分からない状態になりました。

当たり前のことですが、ご自分でチャレンジされる場合は、くれぐれも自己責任でお願いいたします( ー`дー´)キリッ

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)