アナタが気にするべきは、業界や同業者ではない

毒です。弱い方はお帰りください(笑)

ボクは職人でして、他国がどうかは知りませんが、どうも我が国では、職人が目立ったり業界の慣習と違うことをすると、同業の人に陰口を叩かれたり、時にはSNSで匿名で粘着されたりしてしまうようです(笑)

ご多分に漏れず、ボクも数々そのような目に会ってます。

でも、ボクは自分が正解だと信じている道を進んでいるだけなので、外野の声はあまり気にならないんですよね。(もちろん、誹謗中傷されたらそれなりに傷つきますけどね(ΦωΦ)

しかし、どうも周囲の方などのお話を聞いていると、技術系というか職人系の人たちって、必要以上(とボクには見える)に、自分の業界や同業者たちの評判とかを気にする傾向があるように思います。

まぁ、多くの人は組合とか同業者の集まりとかも結構あるみたいですし、そのような場で「アイツはいちびって(関西弁で「つけあがる」の意)こんなことしてるらしいで」とか「なんやけったいなことしてるらしい( ´_ゝ`)」とかコソコソ言われちゃうと、気の弱い人は心が折れちゃうかもしれませんね。

でもね、ここで強く言いたい。あなたが頑張ってやろうとしていることは、一体誰のためなんですか?って。

「業界の発展のためですか?」 確かにそのような義の精神で頑張っておられる方もいらっしゃると思いますが、それは自社の発展があればこそですよね。

「では、同業者からの評判を上げることですか?」 ボクは基本的に同業の人たちとはつるまないので、あまりその気持ちは分かりませんが、同業者に良く思われたい・悪く思われたくない、という方はおられるでしょうね。でも、やろうとしていることはそんなことのためではないですよね。

業界も同業者も、アナタを必要とはしていない

ちょっと過激な物言いですが、事実なんで仕方がない(ΦωΦ)

あなたがしている仕事は、業界のためでも同業者のためでもない。ましてや、業界や同業者がお金をくれるわけでもない。

だったら、業界や同業者のあなたへの批評なんて、気にするだけ意味が無いと思いませんか?

あなたが気にするべき・大切にするべきは、あなたを、そしてあなたの会社を必要としてくれて対価をくれるお客様ではないんですか?

アナタがやろうとしていることや信念が、お客様のためになって自身や会社のためになることであるなら、業界や同業者の言うことなんて全く気にする必要なんてないんですよ。

ボクはそうやって生きてきて、今まで全く後悔したことはありません。

むしろ、自分を信じて突き抜けたおかげで、もっと素晴らしい世界へと辿り着き、素晴らしい方々と出会うことが出来ています。

ま、ボクみたいに毒を吐いて敵を作ってしまうスタイルは真似しない方がよいですが・・( ̄ー ̄)

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)