着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと栗田裕史の染色補正師日誌

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュ日誌。たまに毒も吐きます。麻呂とも呼ばれてます。

よもやま話 仕事・ビジネス 毒吐き 職人

職人の金儲けは悪なのか?

投稿日:

また職人の話です。もういいよ、という声も聞こえてきそうですが、続きます(笑)

職人というと、世間の方からのイメージとしては、「頑固」とか「寡黙」とか、そんな感じのイメージがあるようですが、その他にもよく見聞きする物に、「職人はお金に清い」みたいなのがあります。

これ、どういうことかと言うと、「職人はお金のために仕事をしているのではなく、己の信念や信条で仕事をしている。だから、お金は二の次だ」みたいなことらしいんですが・・・

あのぉ~、そんなこと誰が決めたんですか?(汗)

前回の記事「手間賃仕事を値切るということの意味」で書いたように、確かに手間賃仕事は時給のようなものなので、元々の性質が大儲け出来るようにはなっていませんので、儲けようとしても儲からない(笑)

でも、職人がお金のことを考えるのがタブーみたいな風潮というか価値観みたいなのは、職人であり経営者であるボクからすれば、やはり非常に違和感を覚えます。

職人だろうがなんだろうが、仕事である以上は利益を追求するのは当たり前のことであり、そうでなければ会社の経営どころか自身の生活すら成り立たなくなります。

ボクも職人なので、数々の職人さんと会ったことがありますが、どうも「お金儲け」を悪どいこと・恥ずかしいことのように思っている方が多いように思います。

確かに、お客さんを騙したり、下職さんの工賃を叩いたりして儲けることは恥ずべきことであります。

でも、お客さんに喜んでいただいてその上で正当な対価をいただく。 このことは悪どいのでしょうか?恥ずかしいことなんでしょうか?

正当な対価をいただくことは悪ではない

仕事である以上は、正当な対価をいただくことが前提です。そこには悪も善もありません。

誠実な仕事をして、適正と思う対価を請求する。それを悪どいとか恥だとか言い出したら、もはやそれは仕事でもなんでもない、ただの自己満足です。

正当な対価を貰えないのには、職人自身の問題もありますが、もっと根深い問題があります。

それは、職人に仕事を依頼する側の「職人は商売気を出さずに清貧であるべき」といった感じの価値観の押し付け、もしくは差別。

これは本当にタチが悪い。

何故なら、これは職人の気質(真面目さや誠実さ)を利用して搾取しているに他ならないからです。

職人仕事といえども、商いは商い。

ならば、適正な対価をいただくことに対して誰にも批判される謂れはないはず。

ボクは以前から、商いの出来る職人を目指している、と公言しています。

それが、職人がお金を儲けることに対する偏見・差別への戦いにもなるからです。

ボクは職人という職業を生業として選択しましたが、いわゆる世間一般のイメージする「職人」に収まるつもりはありません(ΦωΦ)

と、こんなことを書くとまたどこかで批判されるんでしょうけど(笑)

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)

-よもやま話, 仕事・ビジネス, 毒吐き, 職人

執筆者:

関連記事

染み抜きには、もっと底力があるはず

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 ボクの仕事は染み抜き屋さんなんですが、染み抜きを専門にしているお店ということで、他店さんで断られたり落とせなかった …

「職人は、誰かに求められてこそ存在価値がある」

いきなりタイトルが名言チックに始まりましたが、名言でもなんでもございません。 単にボクの持論です(笑) ボクの仕事は着物のクリーニングや染み抜きなのですが、作業の結果的に誰かの悩みを解決する仕事なので …

『着物』離れの原因は、消費者ではなく供給側にある。

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 先日、Twitterで流れてきたとある方のツイートなんですが、着物業界の悪しき慣習というか病巣を如実に表わしている …

着物のクリーニング・染み抜きって、どれくらいかかるの?

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 着物のクリーニングやお手入れって値段の検討がつかない・何だか高そうで頼みにくい、と言った声を聞くことがあります。 …

ボクはこうして染み抜き屋さんになった

今日は昼過ぎに買い物から帰って来た後に、5歳の娘を連れて近くの公園へ遊びに行っていたのですが、三時間経っても娘がなかなか帰ろうとしないので、そのことを珍しく自撮り画像付きでFacebookに投稿したと …