着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと栗田裕史の染色補正師日誌

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュ日誌。たまに毒も吐きます。麻呂とも呼ばれてます。

よもやま話 ブログ 着物お手入れの話

着物を着てる時にシミが!どうしたらよいの?

投稿日:2015年8月2日 更新日:

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。

メディアの方なども含めて、よくご質問をいただくのですが、着物を着用されている時に食べ物や飲み物などのシミや汚れを付けてしまった場合、どう対処したらよいのか? というお話があります。

着物を着用されている時、普段よりも気をつけているつもりでも、やはり洋服よりも慣れないことも多く、お食事などをされた時に食べ物や飲み物のシミが付いたりすることがあります。

こんな時、慌てちゃいますよね。しまった!早く何とかしないと!って思って、汚れを拭きたくなる気持ち、ホントによーく分かります。

でも、その時、慌てて濡れたオシボリとかで拭いたりすると、取り返しのつかない事態になることがあるのです。

お着物の多くは絹(シルク)で作られているのですが、この絹という繊維が実にクセモノでして、肌触りや着心地が良い反面、非常に摩擦に弱いという性質を持っております。

特に、濡れた状態での摩擦に対する弱さは、数多の繊維の中でも最弱の称号を与えられると思います。

摩擦に弱いとどういうことになるかというと、表面が何かで擦れた場合(特に湿っている場合)、生地の細かい繊維が毛羽立ってしまい、その部分が光の反射率の変化などで、方向によって極端に白く見えてしまうようになります。

ボクたちプロの職人は、このような状態を「スレている」といいます。

一度スレた状態になってしまうと、程度にもよりますが、一度毛羽立った繊維は元に戻せないので、完全に元の状態に戻すのは物理的に不可能になってしまいます。

食べ物や飲み物のシミは、付いただけであれば、ほぼ全てのモノが完全に落とせます。ですが、慌てて擦って生地がスレてしまうと、もう永遠に元には戻せないのです。

着物にシミが付いたら、まず一番にすることは、心を落ち着かせること

このような悲しい事態にならないためには、慌てる気持ちをグッと堪えて、まずは深呼吸でもして、心を落ち着けましょう。

そして、食べ物のシミであれば、乾いたハンカチやティッシュなどで、擦らないように、そっと、付いているシミの上から抑えて、水分と生地表面の汚れを移しとるような感じで処理します。

これ以上は絶対に無理をしてはいけません。後日、信頼のおけるお店に染み抜きの依頼をいたしましょう。

飲み物の場合も同じような感じで、水分のみを絶対に擦らないように移しとって、その後はプロに任せましょう。

繰り返しになりますが、我々プロがお手入れすれば、付いただけのシミであれば、ほとんどのシミは生地を傷めずに完全に落とせるのです。

赤ワインのシミだって落とせるんですよ。

外出先で付いたシミ、慌てず、冷静に対処してくださいね。

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)

-よもやま話, ブログ, 着物お手入れの話

執筆者:

関連記事

雨に降られた着物のお手入れ

もうすぐ春ですが、どうも今年は雨がよく降っているように思います。 ちょくちょくご相談いただくことに「着物を着ていて雨に降られたが、どうすれば良いか」といったものがあります。 いきなり結論から申しますと …

ボクが染み抜き屋でなかったら・・・

ちょっと前のブログ記事、ボクはこうして染み抜き屋さんになった でも書いたのですが、基本的にボクは跡取りだったので、自分で選んだ道ではあるんですけど、いわば敷かれたレールの上をそのまま進んで今の仕事に就 …

職人がSNSをやるべき3つの理由

職人の話です。続きますよ(笑) ボクが自分でサイトを作ってネットでの集客を始めたのが、およそ8年前。 その頃はまだ無くて、今ではネット上に当たり前にある物。そう、それはSNS(ソーシャル・ネットワーキ …

ボクはこうして染み抜き屋さんになった

今日は昼過ぎに買い物から帰って来た後に、5歳の娘を連れて近くの公園へ遊びに行っていたのですが、三時間経っても娘がなかなか帰ろうとしないので、そのことを珍しく自撮り画像付きでFacebookに投稿したと …

お宮参り・七五三のお着物のお手入れについて

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 毎年、夏辺りから増えるご相談に、七五三用のお着物のお手入れのご相談があります。また、お宮参りのお着物も、何故かこの …