着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと栗田裕史の染色補正師日誌

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュ日誌。たまに毒も吐きます。麻呂とも呼ばれてます。

着物お手入れの話 着物クリーニング・染み抜き 着物クリーニング事例

着物にたっぷりかかったジュースのシミの染み抜き

投稿日:

披露宴などの宴席でお着物を着られる場合、お食事がつきものですので、どうしても食べこぼしや飲みこぼしでお着物が汚れてしまう確率が高くなってしまいますね。

今回の着物クリーニング事例は、披露宴で隣に座っていた方に誤ってジュースをドバっとかけられてしまったお着物の染み抜きです。

12801433_1015071545232327_7299064730790585451_n

ジュースの水分の輪染みもさることながら、なんだか黄色いシミが一杯付いてますよね。

これ、実はオレンジジュースの果実分なんですね(^_^;)

果実を使ったジュースは、その成分によって変色を起こしてしまう可能性が非常に高いので、シミが付いたらなるべく早く染み抜きをした方が良いと思います。

特に、広範囲に付着した場合は、そのままにしておいて変色を起こすと元に戻せない場合もありますので、必ず染み抜きを依頼してください。

12795271_1015071548565660_8073050903609985620_n

今回は付いてすぐのご依頼でしたので、完全に落すことが出来ました。

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)

-着物お手入れの話, 着物クリーニング・染み抜き, 着物クリーニング事例

執筆者:

関連記事

着物の、小さいけれどかなり濃い変色シミの染み抜きと染色補正

着物の変色シミは、変色が濃くなっていることもよくあります。 黄ばみに変色したシミを「黄変(おうへん)」と呼ぶのですが、黄色を通り越して茶色になってしまっている場合も少なくありません。 今回の事例も、シ …

着物をクリーニングする頻度は?

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 着物のお手入れやクリーニングを承らさせて頂いた際に、必ずと言っていいほどご質問いただくことがあります。 それは、着 …

夏の着物は、洗える着物一択

先日、友達(と呼んでいいよね?)の結婚披露パーティーにご招待いただきまして、喜び勇んで参加してまいりました。 着物関係なので、ドレスコードはもちろん着物ということで、暑い中、頑張って一張羅の着物と羽織 …

着物を着てる時にシミが!どうしたらよいの?

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 メディアの方なども含めて、よくご質問をいただくのですが、着物を着用されている時に食べ物や飲み物などのシミや汚れを付 …

着物(絹)に水が付くと輪ジミになる、そのワケ

着物に限らず、絹製品に水が付いて乾いた跡が輪ジミになってしまった、そんな経験ありませんか? 綿などの素材ではあまり起きないこの現象、何故起こるのでしょうか? 着物お手入れのプロの視点で、出来るだけ分か …