着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと栗田裕史の染色補正師日誌

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュ日誌。たまに毒も吐きます。麻呂とも呼ばれてます。

染み抜き・染色補正 着物クリーニング・染み抜き 着物クリーニング事例

着物の、小さいけれどかなり濃い変色シミの染み抜きと染色補正

投稿日:

着物の変色シミは、変色が濃くなっていることもよくあります。

黄ばみに変色したシミを「黄変(おうへん)」と呼ぶのですが、黄色を通り越して茶色になってしまっている場合も少なくありません。

今回の事例も、シミ自体は小さいのですが、黄変を通り越して茶色いシミとなっています。

1794660_1026824720723676_8258675073495780695_n

このような濃い変色シミの場合、生地自体が弱っていることもありますので、染み抜き作業もかなり慎重に行う必要があります。

とはいえ、今回のような薄い地色の着物の場合、ほぼ完璧にシミを抜かないと、シミの跡が分かってしまうので、生地の状態をその都度ルーペで確認しながらの染み抜き作業が必要となります。

1915742_1026824747390340_2125972538618518602_n

今回は、生地を傷めずに染み抜きが出来ました。

The following two tabs change content below.
栗田 裕史

栗田 裕史

1969年京都生まれ京都育ち。着物お手入れコンシェルジュ。着物クリーニング・染み抜き・お手入れ専門店二代目として生まれ、あらゆる衣類のトラブルを解決する染み抜き専門店【なをし屋】代表にして、染色補正師。と、書くと何だか敷居が高そうですが、全くそんなことはありません。麻呂とも呼ばれてます(ΦωΦ)

-染み抜き・染色補正, 着物クリーニング・染み抜き, 着物クリーニング事例

執筆者:

関連記事

お振袖のかなり濃く変色したシミの染み抜きと染色補正

毎度言っておりますが、シミは濃ければ濃いほど染み抜きを行っても残りやすくなります。 また、シミが濃いということはそれだけ生地にダメージを与えているという場合も多く、染み抜き作業自体が難しい場合もありま …

染み抜きには、もっと底力があるはず

着物クリーニング・お手入れコンシェルジュこと染色補正師・なをし屋代表の栗田裕史です。 ボクの仕事は染み抜き屋さんなんですが、染み抜きを専門にしているお店ということで、他店さんで断られたり落とせなかった …

職人仕事に企業秘密は必要か?

GW真っ只中ですが、今年は参加するイベントもないので、珍しく仕事なしの連休をいただいております。 世のお父さんたちと同じで、休みがあれば当然待っているのは家族サービスですね(ΦωΦ) 連休初日は娘を水 …

着物にたっぷりかかったジュースのシミの染み抜き

披露宴などの宴席でお着物を着られる場合、お食事がつきものですので、どうしても食べこぼしや飲みこぼしでお着物が汚れてしまう確率が高くなってしまいますね。 今回の着物クリーニング事例は、披露宴で隣に座って …

ボクはこうして染み抜き屋さんになった

今日は昼過ぎに買い物から帰って来た後に、5歳の娘を連れて近くの公園へ遊びに行っていたのですが、三時間経っても娘がなかなか帰ろうとしないので、そのことを珍しく自撮り画像付きでFacebookに投稿したと …